どこに避難すればいいか

グラフ

各市町村で避難場所が指定してある

自分が住んでいる地域で避難場所がいくつか指定されていますので、災害時は速やかに避難できるようにホームページなどで確認しておきましょう。家族とも避難場所についての情報共有しておくといいです。避難場所が決まっていれば、連絡が取れなくても会うことが出来ます。

広域避難場所

地震による火災などが原因で、住んでいる地域一体が危険になってしまった時に避難する為の場所です。火から身を守るために広い土地である必要があります。大きい公園や大学などが指定されることが多いです。

一時避難場所

災害時に一時的に避難したり、帰宅困難な人が交通機関が元に戻るまで避難する場所です。主に、公園や学校が指定されています。この場所で安静に過ごし、インフラが整うのを待ちます。

収容避難場所

収容避難場所とは、災害などで住む場所を追われ、短期間の避難生活をしなければいけない時に使う施設です。多くは、学校の体育館などが指定されます。学校であれば給食を作る設備なども利用できます。慣れない集団生活になりますので、お互いに気を使う事が大事です。

避難所でのトラブルを避ける

避難所にいる人は不安を抱えているため、些細な事でケンカなどのトラブルが怒ってしまう可能性があります。そういった事態をなるべく避けるためにも、皆同じ境遇だということを忘れずにマナーを守り、譲り合いの精神を持ちましょう。

広告募集中